EM-Unit:イー・エム・ユニット(教育研修管理システム)/教育研修管理を簡単にペーパレスと業務効率化を実現

EM-Unitとは

集合研修やeラン・通信講座の申込・承認の社内手続、事前事後課題やアンケート提出などの作業プロセスをRPA 化し、統合することで社員教育にかかる一連の業務の効率化、ペーパーレス化を実現する教育研修管理システムです。

研修管理でお困りではありませんか?

課題

解決策

研修対象者の検索、抽出がうまくできない。対象者のモレがある
対象者を部門、年次、役職などのグループや属性で検索することで抽出を行うことができます。
社内研修の案内を、社内掲示板や、e-mailで配信しているため事務負担がかかる
EM-Unitに講座概要を登録することができます。公開の手間がかかりません。
研修参加の承認ワークフローがすべて書面で実施しており、承認に時間がかかる
ワークフロー機能があり、承認の状況を確認することができます。
研修参加者の出欠管理・記録を紙で行い、Excelに転記・保存している
EM-Unitに保存することができ、履歴の蓄積が可能です。
研修課題の取りまとめが大変だ。
e-mailで配布、回収をしており管理に手間がかかる
EM-Unitでは、課題の配布、とりまとめを一元化することが可能です。回収後の保存も簡単に行えます。
部下が参加している研修が把握できない
カレンダー機能を階層別に表示します。部門長が部下全員の研修スケジュールを把握することが可能です。
EM-Unitでできること

研修・講座
登録管理

研修や講座の概要をシステムに入力して公開が可能です。また、研修概要は複製が可能で、類似研修、次年度の入力が簡単です。

対象者の抽出
出欠管理連絡

参加者は、グループ管理ができ、お客様企業に最適なユーザー情報の登録が可能です。社内研修参加の連絡・告知をシステムから行うことができます。

課題の
配布・回収

付属のアンケート機能で、研修課題の配布、回収が負担なく行え回収後のファイル保存も簡単です。

受講者の見える化
ワークフロー機能

申込の承認は2段階の承認を設けることが可能です。承認後は、付属のカレンダーに自動登録され、部下の予定、受講者本人の予定に反映され、共有が可能です。
画面サンプル

▲トップへ


前のページへ  アーティスTOPへ